2020年5月25日月曜日

思い出は思い出として ~カップの6


こんにちは。
緊急事態宣言が解除されて、経済活動も少しずつ回復していくといいですね。
星でもタロットでも6月は一息つけそうな感じですよ!

ところで、ジューヨンの今月のカードは、カップの6のリバースでした。
ジューヨンは、このカードを「昔はよかったなカード」と呼んでいます。
過去が美化されちゃう感じですね。

元カレのようなステキな男性はいない! とか。
前の会社を辞めなきゃよかった! とか。
子どもの頃は悩みもなく幸せだったな~とか。
実際はいろいろあったはずなんですが、自分の現状と比べて過去を美化するケースです。

他には、子どもの頃の楽しかったことにヒントはないかな? とか、
心が子どもに返っているよ? とか、
そんな風にも読めますね。

正位置で出ると、思い出に浸っている状態。過去を懐かしみ、慈しみ、大切にしています。

逆位置で出ると、過去への執着が薄らいでいく状態。過去は過去として未来を向き始めます。

ジューヨンのカードはリバースでした。
だから、今月は思い出が少しずつ過去のものになっていくのかなぁと思いながら過ごしていました。
2月と4月に愛猫を亡くしてずっと泣いていたからね。。。
涙を流す数がだんだんと少なくなって、胸の痛みが徐々に消えていくといいのですが。

カードの中の男の子は女の子に花の入ったカップを渡しています。
白い花は「ピュアな心=美しい思い出」を表しています。
思い出の中の男の子は、キラキラと輝いて見えるようです。


アフタータロットでは、大人に呼ばれた子どもたちが、家に向かって駆け出していきます。
思い出の花は後ろに残して振り返りません。
過去ではなく今を、思い出ではなく現実を、生きようとしています。




1 件のコメント: