2019年11月10日日曜日

八卦について ①乾(けん)

こんにちは。


易者ジューキューバンです。


今回から8回にわたって、易の八卦の性質を一つずつご紹介していきます。


※※※


初回は「乾」。


「乾」は乾燥の「乾」ですが「かん」でなく「けん」と読みます。


記号は



です。


意味は、以前申し上げた通り、「天」で、全て陽でできている「老陽」といいました。


「乾」が象徴するものはさまざまです。


たとえば、天のように大きくて家族を守ってくれる「父親」。


方位は先天八卦だと南、後天八卦だと西北です。


季節は晩秋。


色は白。


ほかに、金属、貴金属、頭や肺、大腸、固いもの、丸いもの、高貴なもの、公的なもの、権力、地位なども表します。


「乾」を人に当てはめてイメージすると、家族のために一生懸命働いて、しかも頼りになる強くてかっこよくて硬派なお父さん、という感じです。


昔、男性はこの「乾」のように、気高く、強く、しっかりと生きると良いとされたようです。


今は男女のそういった道徳は古くなりましたが、男女に限らず、気高く、強く、しっかりと生きることは、この「乾」のようでありたいですよね。


……。


「あれ? 説教してんの?」


いえ! そうじゃないんです。


実は、易は以前も触れましたが、中国の哲学や思想に大きな影響を与えました。


つまり、易は占いにも関係がありますが、数学にも関係あり、さらに、道徳にも関係があったのです。


「こうして生きたらかっこいいよね」という古代中国人からのメッセージが、易経にはつまっています。


次回は「乾」と真逆ですべて陰でできている、「」のお話です。



1 件のコメント: