2019年11月26日火曜日

周易・六十四卦について ⑫天地否(てんちひ)

こんにちは。


易者ジューキューバンです。


今回も周易・六十四卦について。


※※※


十二回目は、「天地否(てんちひ)」。


単に「否(ひ)」ともいいます。


記号は






上が八卦の「乾」、下が八卦の「坤」です。


「天地否」は、否塞(ひそく)の「否」で、「ふさがる」という意味を持っています。


周易には、「之匪人。不利君子貞。大往小来」とあり、「これひとにあらず。くんしただしきによろしからず。たいゆきてしょうきたる」と読み下します。


意味は、


「これは人の道に外れている。志のある人物が誠実に行ったとしてもだめだ。素晴しいものが去って、つまらないものが来る」


です。


前回の「地天泰」と真逆で、天は上へのび、地は下へのび、お互いに相いれないという形です。


周易で占って「天地否」を得たら、現状を無理やり変えようとしてもうまくいきません。


仕事にせよ恋愛にせよ、いったん諦めたほうが賢明かもしれませんね。


また、「素晴しいものが去ってつまらないものが来る」ことを意味しますから、人事や友人関係などもうまくいかない時です。


この卦を得たときは、自分の才能や実力を隠し、おとなしく時を待つことが重要です。


または、自分の望みが果たして本当に正しいものなのか、もう一度考え直す時期にきているかもしれません。


しかし、物事で変化しないものはありません。


必ず道は開けることを忘れないでください。


※※※


次回は「天火同人」についてお話していきます。

1 件のコメント:

  1. Your clothes would look nice on my bedroom floor. Hey, i am looking for an online sex partner ;) Click on my boobs if you are interested (. )( .)

    返信削除